トップへ » セレック治療とは? » 従来の治療方法との違い

従来の治療方法との違い

短時間で終わり、なおかつ経済的なセレック治療と、一般的なセラミック治療との違いを具体的に比較してみました。これらが今、多くの方にセレック治療が選ばれている理由です。

  一般的なセラミック治療 セレック治療
時間 「歯を削る→歯型を取る→歯科技工所に修復物の製作を依頼→修復物が出来上がって来てからセット」という流れのため、最低でも2回の通院が必要。治療時間もかさんでしまいます。 「歯を削る→セレックで修復物を作製→その日のうちにセット」という流れなのが、セレック治療。2回の通院は必要なのですが、約1週間程度で白い歯の作成が可能です。
寿命 ある臨床研究データによれば、従来法のセラミックインレーでは、15年後の残存率は約68%。約3分の1のセラミックインレーに、破折、脱離などのトラブルが発生しているという結果が出ています。 セレックにより作られたセラミックインレーの15年後の生存率は、なんと約93%。ほとんどの症例において、従来法以上の長期にわたって機能しているということが明らかになりました。
費用 歯科技工所に依頼して修復物を作製するため、どうしてもその分の人件費がかかってしまいます。 歯科技工所に依頼することなく歯科医院で作製できるため、人件費がかかりません。


トップへ » セレック治療とは? » 従来の治療方法との違い


PAGE TOP